元気な猫を飼育するコツとは?

猫の老後の育て方

生き物は必ず年を取り、老化していきます。
人間と同じ動物ですが、決定的に違う点と言えば寿命でしょう。
猫の寿命は平均15歳から20歳だと言われています。
猫は老化すると必要栄養量が増えますが、人間とは正反対です。
皮膚や脂肪なども一定の速度で低下していきます。
体重が減れば減るほど死亡リスクも増えていきます。
なので、栄養価が高いキャットフードを食べさせてあげることによって栄養不足を補ってあげる必要があります。
目や耳なども人間と同じく、見えにくくなったり、聞こえにくくなったりします。
また皮膚の病気なども目立つようになり、猫ニキビやかさぶたなどが目立ってしまうことがあります。
目や耳などが聞こえにくくなったり、見えにくくなったりすることで猫の不安になり、鳴いたり、襲い掛かったりすることが出てくるかもしれませんが、しっかり猫の視野に入るようにし、確認することで抑えることができます。
猫の食事に関しても、食べることが難しくなり、食欲も減退していくでしょう。
吐いたりすることも度々出てくると考えられます。
猫の健康状態をよく観察するためには猫のうんちを観察することが早いです。
猫のうんちの形や柔らかさによってどこが悪いのかが分かります。
また、状態の変化に気づくことが難しく、慢性的な病気を抱えている状態も考えられます。
そのような異変に気付くためには猫の異常行動にまず目を向けてみてください。

何かしら思い当たる部分があるのであれば、獣医に相談することが大切です。
病気の早期発見をするためにも、猫の健康診断も定期的に通うことをオススメします。
今ではペット保険などもありますので、気になる方は加入をしておくのも一つの手段かもしれません。
また生きているものには必ず死も訪れます。
死に直面をした場合、安楽死をさせてあげるかどうかなども判断が必要になります。
ペットの死を回避させてあげることは難しいため、飼い主の判断に委ねられる結果も多いでしょう。
動物の事故で両者共に不幸になってしまうのは事故死ですので、事故死にならないように猫の飼い方も改めてもう一度確認をしてみてください。
ペットロスにより飼い主がうつ状態になってしまうこともありますので、動物を飼うことには十分な責任があることとペットは死んでしまうことを受けいれることができるかどうかをしっかり判断してください。
ペットは今では家族として扱われることが多くなりました。
猫を大切に育ててあげてください。

 

猫2