猫にしつけをさせよう

猫をしつけよう

猫は犬に比べてしつけが難しいと言われますが、その通りです。
だからと言って猫のしつけを疎かにしてしまうことはいけません。
猫のしつけはどのように進めていけばいいのかを説明していきます。
猫は生まれてから約7週齢で社会化期と言われる学習期間が訪れます。
社会化期では外界の刺激にたいして対応するための期間であり、最大の特徴として、この期間を逃してしまうと、二度と社会化期に訪れることがないことです。
簡単に言えば期間限定のしつけです。
では、この社会化期に猫に何をしてあげればいいのか?
子猫を優しく触ってあげるハンドリングと言われる動作が重要になってきます。
子猫と触れ合う機会があればあるほど、人懐っこい性格の猫に育ててあげることができるようになるのです。
これは科学的にも証明されており、社会化期にハンドリングが多ければ多いほど、人懐っこい性格になり、接触がなかった猫はとてもシャイな性格になります。
社会化期が終われば、一生をかけてのしつけが始まります。
つまり生涯学習が始まるのです。
しつけには古典的条件付けとオペランド条件付けの2つがあります。
古典的条件付けとはもともとは意味がなかった行動ですが生理的な反応を受け付けることで恐怖や期待感などを抱くことです。
オペランド条件付けとは、行動の結果が正か負かによって、快感と不快感を与え、行動の頻度が増減することです。
猫のしつけは犬をしつけるよりも難しいのは脳化指数が関係してきます。

賢い動物ほど脳化指数は高くなる傾向ですが、猫は最下位です。
そのためしつけには時間が掛かってしまいます。
そして猫には犬よりも欲がありません。
特に食に対しては興味が薄く、また頑固なためしつけをする際に大きく影響がでます。
また猫は動物界の中でも社交性が無く、単独で行動をするため、ほめて育てることができません。
犬は集団で行動する社会的な動物なので、ほめて育てることにより受け入れられるという意識を持つことができますが、猫にはそもそもそのような感情が無いため難しいのです。
猫にしつけをする際に大切なことは正しい選択をした場合にごほうびを与えるか、できなかったら罰を与えるかの2つしかありません。
しかし罰の内容によっては猫に不快感を与えてしまうため、正しいタイミングでしつけを与える必要があります。
猫のしつけは難しいと思いますが、正しいしつけの仕方をすることができれば効率よくできるようになります。

 

猫3